2006.11.26

「駒場祭なんて東大生のオナニーなんだよ!」

と、喝破したのは後輩の環さんですが、ひとくちにオナニーといっても個人差があるわけでして、中には芸術や職人技と呼べるほどクオリティの高いオナニーがあるかもしれないと思い、見物をかねて久しぶりに大学に遊びに行ってきました。

で、今回いちばんの思い出になったのは、ゲロです。

時代錯誤社の部室に行ったら、ゲロ以下の臭いがプンプンする闇鍋をむりやり食わされました。何なんだこのサークルは。ちなみに、原料は以下のとおり。

豆乳スープ+さばカレー+ミートソース+メイプルシロップ+白菜+ぶり+豆腐+納豆+コーヒー豆+豚レバー+チーズ+チョコレート(+ほか5種類くらい)

読んでいる皆さんは、食材を一つずつ見ているので食えそうに思えるかもしれませんが、実際にこいつらを一つの鍋に入れて煮込んでしまったら、真の地獄絵図です。まず何より、

臭いがすっぱい!

すっぱいものは入っていないはずなのに、臭いがすっぱいよ! いったい何の化学反応が起きてしまったのか、すっぱさと、しょっぱさと、甘さが混在するという、料理にあるまじき異臭が発生してしまいました。「ゲロ以下の臭いがプンプンするぜ!」という表現が誇張なしに当てはまる状況に、生きている内に遭遇しようとは。しかも。

「はい。これ、○○さんの分です」

く、食わせるのか! こいつら、OBにも容赦なしにこのゲロを食わせるというのかッ! 見ためもニオイも正真正銘、ゲロ以下のこの汚物をッ! しかも、納豆が3パックも入ったせいか、箸で持ち上げるとねばっこく糸を引くじゃないですか。無理無理無理無理。

と、あまり書きすぎると、現役社員さんがネタにする余地がなくなってしまうので、ここではぼくの結論だけ書いておきましょう。「目を閉じて、鼻をつまんで口に入れたら、盛られた量の半分くらいは処理できました」。以上。続きは『恒河沙』最新号でご覧ください。

おまけ。

現在、mixiの「東京大学」コミュニティでは、

  劇団綺畸2006年度冬公演『戦場のボーイズラ

というイベントが告知されています。最後の文字の切れ方が気になる方は、リンク先をのぞいてみてください。期待に胸を膨らませながらクリックすると……。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.05.07

卒業証書より大きな財産

先日、ひさしぶりに時代錯誤社のOBたちと飲みました。東大生のなかでも極めつけの異常者だけをピックアップしてみました(注・褒め言葉です)、という感じのメンツなので、飲み会をするたびに、ぼくは自分の未熟さを思い知らされます。まあ、そういう環境下で未熟ということは、裏返せば常識人に近いということですから、喜ばしいことなのかもしれませんが。

とりわけ、終電をなくした(ていうか奪った)meltdownさん、NKNさんとは、朝まで飲み明かすことになってしまいまして、本当にご迷惑をおかけしました。ただ、身内だから褒めるわけではありませんが、あなたがた2人は東大の中でもまちがいなくトップクラスの天才だと思います。今回も(酒と眠気でグダグダになっていた感はありましたが)タメになる話ばかりで、思わず「スゴス」と唸らされてしまうことが多かったので、ま、ひとつ、これからも飲み会があったら呼んでください。

大学時代には意識していませんでしたが、これだけ頭のいい人たちと気軽に飲み会ができるというのは、ぼくにとって想像以上に大きな財産なのかもしれません。……と、今回は優等生的なコメントできれいに締めておくか( ´_ゝ`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.20

田村ゆかりと申したか

告白しましょう。ブログを読み返していただければわかるように、ぼくはきっと救いようのないダメオタなのですが、実をいうと、オタク的教養のなかにも、一つだけ苦手分野があります。それは「声優」です。アニメのキャラクターに誰が声を当てているかなど、ぼくは全くわかりませんし、声優さんの名前もほとんど知りません。

なので、かっつさんからもえたんのリスニングCDについて、「声優の田村ゆかりが凄いから! 本当に萌えるから!」と狂おしいほどに熱弁されたときも、ぼくは正直、「田村ゆかりって誰だよ。そんなオタクっぽい声優さんシラネーヨ」としか思えませんでした。自分のオタクっぷりを棚に上げて本当にすみません。

そして翌日。久しぶりに時代錯誤社に顔を出して、買ったばかりのもえたんCDを聴きながら癒されていたところ、社内一のイケメン・恣意茸君にこう言われてしまいました。

「その声は田村ゆかりですね」

キミ、かっこいい顔とただれたセリフが全然合ってないよ、と脊髄反射でツッコミを入れかけましたが、彼がそのまま「こっちの声は小野坂昌也ですね。もう一人は……あぁ、うえだゆうじか」などと正確極まりない独り言を続けたため、ツッコミを入れたら負けだと思い、とりあえず放置することにしました。

その後、スーツを着込んだマジメなあいびき君が現れたので、先刻のあらましを説明し、「声を聴いただけで田村ゆかりだってわかるなんて変だよね」と同意を求めたところ、

「いや、田村ゆかりはわかりますよ。独特のロリ声ですから」

と一蹴されてしまいました。ブルータス、お前もか! 気分はもうカエサルですよ。やっぱりこのサークルはもうダメだな……。

追記:
もえたんのリスニングCDそのものは素晴らしい仕上がりでした。センター試験とかには全く役に立たないこと請け合いですが、ドラマCDとしてたっぷり楽しめます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.01

先輩はつらいよ

後輩とどう付き合えばいいのか、という問題に、ぼくは長いこと悩まされています。先日の駒場祭でも、同じサークルの国家酒席さんからこう言われてしまいました。

「あなたは後輩に厳しいことを言わないが、そういう態度はとても卑怯だ。ぼくが後輩に厳しいことを言って、そのあとあなたが後輩のフォローに回る、というのがいつものパターンだが、それだとぼくは常に汚れ役で、あなたは常にやさしい先輩役だ。でも、それじゃダメ。あなたもちゃんと厳しいことを言いなさい」

まぁ、確かにおっしゃるとおりで、耳の痛い話ではあります。ただ、後輩に厳しく当たらないことには、ぼくなりの考えもあるのです。どうして厳しいことを言わないのか。その原点はおそらく、ぼくが中学・高校で、応援団リーダーや団有志といったものをやらされていたことにあるのだと思います。

ぼくが経験した応援団というのは、とりわけ中学校のほうは笑ってしまうくらい体育会系な組織で、よくわからない理由で怒鳴られたあと、顔をぶん殴られたり、応援歌を叫びながら10Kmくらい走らされ、途中で声が小さくなると止まって腕立て200回、腹筋200回といったペナルティを何度も食らわされたり、指導教官や先輩の命令には絶対服従で、後輩には返事をする以外の発言権はなく、どうしても何か意見を言いたいときには「失礼します! 自分はこう考えます!」みたいな前置きをしなければいけない、といった素晴らしく時代錯誤な世界でした。

そこで学んだことは、上役への敬意とか、礼儀正しさとか、不言実行の精神とか、いろいろあるのですが、ぼくにとって一番大きかったのは「他人の痛みを知る」ということです。教官や先輩から意味のわからないシゴキを受けるなかで、下の立場の人間がいかに辛いものか、ぼくは骨身にしみて理解することができました。

ですから、同期の応援団リーダーや団有志(のごく一部)が、学年が上がって先輩の立場になった途端、楽しみながら後輩いじめを始める様子を見ると、虫酸が走りました。今まで自分たちがやられて屈辱だったことを、立場が逆転したからといって「さあオレたちの番だ」とばかりにやりたい放題じゃあ、あんたらは権力をかさにきて憂さ晴らしをしているだけのクズ野郎じゃねえか、と。

(もちろん、ぼくも後輩にはかなり厳しい指導をしました。このような文章を書いた時点で、中高以来の友人から「お前だってやってたじゃねえか」「一人だけ善人ぶるなよ。てめえも同罪だろうが」といったツッコミを喰らうことは覚悟しています。ただ、信じてもらえるかどうかは皆さんの判断にお任せするしかありませんが、それでもぼくは、楽しみながら後輩に説教したり怒鳴ったりしたことは一度もありません。厳しく指導するときはいつも、心のなかで「すまない」「耐えてくれ」と思っていましたし、そうやって常に相手の痛みを慮ることが、ぼくの最低限の矜持でした。つくづく自分は体育会系に向いていないようですが)

こういった経験から、ぼくは一つの姿勢を決めるに至りました。「後輩を叱るならば、後輩が納得するような正当な理由に基づいて、かつ、後輩が感じる屈辱よりも叱った効果のほうが大きいことを見極めた上で叱ろう」と。

その後も、ぼくはずっと後輩との付き合い方に悩んでいたのですが、大学1年のころ、思うところあって米内光政さんについて調べていた折、同じく海軍左派と呼ばれていた山本五十六さんが、こんなことばを残していることを知りました。

「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ」

人を動かしたいならば、まず自分がやってみせて、それを相手に言って説明して、その上で実際にさせてみて、最後にダメ押しでほめろ、ということです。掛け値なしで、いい指針だと思いました。それから何年かして、OBとしてサークルの後輩に接するようになったとき、ぼくは常にこれを意識していました。

なかでも重視したのは、おそらく一般に不足がちな「まず自分がやってみせる」ことと、「後輩がやったことをほめる」ことです。

指示することはカンタンですが、指示するだけでは「まーた現場を知らないOBがなんか言ってる」と受け取られるおそれがあったので、ぼくはOBになってからも記事を書くことにしました。その際には、企画・文章・編集のすべてにおいて模範となれるよう、バックナンバーを漁って東大生のステレオタイプをかき集め、バイト先の友人の協力を取りつけて渋谷にナンパへ繰り出し、本郷のあちこちを取材して回ったあげく学生課に呼び出されてお叱りをくらい、文章も練りに練って、文体を変え、漢字とひらがなの比率を変え、罵詈雑言を大量に突っ込んでみたり、ガラにもなく文学を引用したりして、できあがった原稿を編集する段階でも、タイトル画像に凝って、写真の配置にこだわり、紙面の構成を何度も何度も調整して、やりすぎと言われるくらい徹底的に作り込みました。こういった熱意や技術を、少しでも後輩に盗んでもらいたかったからです。

そして、後輩が書いた記事は、何かしらいい点を見つけてほめました。実のところ、欠点を指摘するのはすごくカンタンで、気をつけていないとついついそちらに走ってしまいがちですから、それを上手く抑えるのにずいぶん苦労しました。ぼくの場合、せいぜい10回ほめたら1回だけ欠点を指摘する、ぐらいの割合に留めたと思います。あとは、後輩が成長してくれるのを辛抱強く待つことにしました。

こうした態度が、後輩たちにどれくらい伝わったのかはわかりません。現状の恒河沙を見るかぎり、ぼくの甘さは失敗だったのかもしれませんし、そもそもぼくの記事も、助言も、後輩たちにはあまり理解されていないのかもしれません。その意味では、ぼくの後輩に対する態度は、まだまだ未熟で改善の余地があります。

ですから、国家酒席さんの「もっと厳しくしろ」という指摘についても、やっぱりそうした方がいいのかなぁとか、でもあんまり厳しいのもなぁとか、いろいろ考えているのです。すいませんねぇ、結局こんなんで>国家酒席さん

とりあえず、ダメ出し用の129号には、やっつけ仕事さんたちと協力していろいろ赤を入れてみました。少し厳しいことを書いてしまったかもしれませんが、ぼくは別に後輩いじめが好きでやったわけではありませんし、他のOBも、恒河沙と後輩を思うがゆえにあれこれアドバイスをしてくれているのでしょう。現役のみなさん、落ち込まずにがんばってください。今後の恒河沙にも、期待しています。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005.09.20

「東大生vs小学生」予告編

ぼくは忙しくて全く関わっていませんが、次号の恒河沙がまたしても本気なのかネタなのかわからない特集をつくっている模様でして、その一部が環先生のブログで紹介されています。東大生が中学受験模試をマジになって解いたらどうなるのか、知りたい方はリンク先へどうぞ。しかし、まさか小学生相手にこれほど手こずっているとは……。

P.S.
今さらな紹介でごめんなさい。完成した記事も楽しみにしています >環さん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.08

「東大生vs他大生」予告編

ご存じの方も多いと思いますが、次号の恒河沙が「東大生vs他大生」という特集を組んだせいで、ぼくは(もうOBだから仕事しなくていいはずなのに)先週と先々週、ありとあらゆる知り合いにアンケートを配って頼んで回収するハメになってしまいました。

しかし、いざ集めてみると、回答はどれもこれも個性的でおもしろうございました。というか、ネタに走ってくれとは一言も頼んでいないのに、ほとんどの方がネタに走ってくださったのは一体どういう了見でございましょうか。いえ、当社としてはすごく助かるんですけど、それにしても、この偏りようは何なんですかね。

というわけで、販売の妨げにならない程度にちょっとだけ、アンケートの質問と、それに対する回答を書いてみることにします。発売前の予告編、ぐらいの感覚でお楽しみください。

■あなたの考える典型的な東大生とは、どのようなものですか?

・ださい。くさい。むさい(青山学院大学・文学部)

・冗談言っても真顔で反論(慶應義塾大学・法学部)

・人差し指をぴーんと立てて、「それはねっ!」とか言いながら説明しそう。「君の言うことは三点で間違っている。第一点は……」とか(京都大学・法学部)

・天然パーマ・ド近眼・ケミカルウォッシュ・ネルシャツ・リュック・ビームサーベル・挙動不審・マザコン・頭でっかち・デブ・ガリガリ・童貞・井の頭公園で野宿・女の前でテンぱる・無駄なプライド・キモヲタ・虚弱・自分の知識を自慢げに披露して周囲の面子にドン引きされる・せっかく上京したのだからと渋谷でナンパを試みるが撃沈・北斗の拳の必殺技を全部暗記している・ドラえもんの道具を自分で開発してみたりする・「僕は将来事務次官になって愚民どもを……(以下省略)」(一橋大学・社会学部)

こういう意見を聞くと、東大生がまるで人間のクズのように思えてきますね、と、バイト先のある人に言ったところ、「え? クズじゃないと思ってるの?」的な返答をされました。東大生は、もうそろそろダメかもしれません。

■東大生を本気でけなしてください

・変態(早稲田大学・理工学部)

・一生童貞(京都大学・法学部)

・興味なし(早稲田大学・日本語教育研究科)

・ピザでも食ってろデブ(早稲田大学・第一文学部)

・大学生にもなって童貞なの?!プゲラ(一橋大学・社会学部)

・お兄ちゃん、偏差値2しかないじゃない(慶應義塾大学・総合政策学部)

・おまえら、権力と結びついてるからって調子乗ってんじゃねーぞぉ、少林寺の大会でも審判買収すんな、てかなんで東大の監督が審判やってんだよ。いいか日本の経済支えてるのは民なんだよ、官じゃねーんだよ、まぁてめーら東大生は将来ノーパンしゃぶしゃぶにいってFridayに撮られて叩かれなさいってことだw(一橋大学・社会学部)

本当にもう、東大生は人間のクズとしか思われていないようです。「そういう東大生はごく一部です」とか言おうものなら、「つまり一部はそうなんだな」とか言われちゃいそうですし。どうすればいいんでしょう。

■自分の大学を本気でけなしてください

・ケチ(早稲田大学・理工学部)

・汚い!(日本獣医畜産大学・獣医学部)

・せまい(上智大学・理工学部)

・田舎すぎ(一橋大学・商学部)

・所詮私大だから(慶應義塾大学・総合政策学部)

・いつまでたっても東大には勝てない(京都大学・法学部)

・チャラい人多い。歩きタバコ多い。勘違いおしゃれでバーバリー着たけど全然似合ってなくてホストみたいな人多い。あと保守的な人が多い(慶應義塾大学・文学部)

・何をやっても中の中。取り柄も無ければ欠点も無い。現状に甘んじることが現状維持というより退化だということに、誰も気付いていない。そして、そんな半端な時間が心地よくて抜け出せない。卒業アルバムを買ったは良いが、実家に帰ってまで見る気がしない(東北大学・経済学部)

・っとによー学費高いしキャンパス狭いし飯は不味いし良いことねーよ。つーか基本的にバカばっか。吸殻はちゃんと捨ててください。そこに書いてある文字読めますか。あぁ、猿だから解りませんか? いや、猿でも訓練すれば文字読めるかもしれませんから、それ以下ですか。ってゆーか単細胞ですねあんたら。さすがレイープ学校ですね(国士舘大学・工学研究科)

どうやら、クズなのは東大生だけではないようです。少しだけ安心しました。いや、でもそうなると日本の大学はクズばかりということになるんですかね? やっぱり日本はもうダメってことですか?

以上、フザけたアンケートに回答していただいた皆さま、本当にありがとうございました。いきなり呼び出したり、メール送りつけたりしてごめんなさい。出来上がりは7月12日ごろになるそうなので、あと1週間もすれば掲載誌を差し上げられると思います。もうしばしお待ちを。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2005.06.08

こんなに楽しい夜は久しぶりだ

時代錯誤社のみなさま、昨夜は社員専用掲示板に乱入した電波君のお相手、本当にお疲れさまでした。でも、たまにあーゆーのが来るからおもしろいんですよ。ええ。これからもがんばってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.21

時代錯誤社の犠牲者がまた一人

悲劇というべきか、喜劇というべきか、時代錯誤社に入ろうとしている無謀な方のサイトをたまたま見つけてしまった。大学生活を狂わされるから、よく考えてくださいよ(っていうか、ぼくは狂わされましたよ)と進言したいんだけど、引退しかけのOBが口を出すのは筋違いだろうから、ひとまず静観する方向で。ええ。がんばってください。生活は狂うけど、楽しいことは確実ですよ。

参考までに、社員の基礎知識をあげておくと、2ちゃんねる、Winny、ネコミミモード、ミコミコナース、メイド喫茶、はじいしゃ、はじるす、葉鍵、東方シリーズ、QMA、もえたん、びんちょうタン、やらないか、マリみて、プリキュア、カイジ、アカギ、最強伝説黒沢、愛国戦隊大日本、天皇陛下万歳、将軍様マンセー、革○、オルグ、ブルジョワ反動分子、粛清、フルメタル・ジャケット、ヘルシング、唯一神・又吉イエス、MMR、探偵ファイル、眼鏡っ娘言えるかな、円周率3万桁暗記、現在官僚系もふ、法曹と医者以外は負け組、民間は偏差値が低い、大企業にあらずんば企業にあらず、DVD! DVD!、ムリムリムリムリカタツムリ、お兄ちゃん偏差値2しかないじゃない、仏狩り、鬼退治、超自由、など。

念を押しておくが、これらはあくまでも基礎知識に過ぎないので、入社1ヶ月以内にすべて説明できるようになることが望ましい……とか言うと、少しは入社をためらってもらえるだろうか。逆に「もう全部知っているから入社させろ」とか言われたらどうしよう。ガクガクブルブル。

蛇足ながら、「渋谷駅は総受け」ネタには2分ぐらい爆笑しました。是非とも当社にほしい逸材です。え? さっきと言ってることが逆?

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2004.12.17

ウソ・大げさ・まぎらわしい

11日にあんなことを書いたら、I氏とTNTさんの両方からツッコミを受けた。I氏曰く「ホストの取材なんて冗談に決まってんだろ! オレと何年友達やってんだよ! 少しは違和感をもてよ! まあ今回はオレも少し悪いが」だそうで、TNTさん曰く「(司法試験の)ダブルスクールの取材でした」とのこと。えーと、まあ、お二方には後ほどメールをもって正式な謝罪をいたしたいと思いますけれども、今回の件に関してはわたくしも罠にハメられたような気がいたしまして、どうも釈然としませんので、もう少し悶々とさせてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.11

暗躍する時代錯誤社

元クラスメイトのI氏から、「時代錯誤社の取材に協力したから、最新号くれ」と要求された。なんの取材か見当もつかなかったので、聞き返したところ、「ホストの取材」と言われた。現役社員のアニリンさんだったか、TNTさんだったかが(未だに双子さんの顔と名前が一致しない。確か「さ」じゃなくて「し」の方)、どういうツテとルートを使ったのか、元ホストで東大生のI氏にまでたどりついて取材を敢行したらしい。現役の方々も、ずいぶんおもしろそうな暗躍をなさっているようだ。

ぼくも、ミス東大の知り合いを発見したので、そのツテを使ってミス東大にインタビューして、東大新○じゃ間違っても訊けないギリギリの質問をぶつけてやろう(たとえば自分は美人だと思いますか、自分以外はみんなブスだと思いますか、天に二物を与えられたと思いますか、今まで騙した男は何人ですか、今つきあっている人は何人いますか、合コンは週に何回していますか、2ちゃんねるを知っていますか、ヒキコモリってキモイですか、あなたは神を信じますか)……と考えたけど、個人的な事情があって断念。ほかの社員がやるっていうなら任せたいけど。とりあえず、今回は別の企画をば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)