« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006.11.26

「駒場祭なんて東大生のオナニーなんだよ!」

と、喝破したのは後輩の環さんですが、ひとくちにオナニーといっても個人差があるわけでして、中には芸術や職人技と呼べるほどクオリティの高いオナニーがあるかもしれないと思い、見物をかねて久しぶりに大学に遊びに行ってきました。

で、今回いちばんの思い出になったのは、ゲロです。

時代錯誤社の部室に行ったら、ゲロ以下の臭いがプンプンする闇鍋をむりやり食わされました。何なんだこのサークルは。ちなみに、原料は以下のとおり。

豆乳スープ+さばカレー+ミートソース+メイプルシロップ+白菜+ぶり+豆腐+納豆+コーヒー豆+豚レバー+チーズ+チョコレート(+ほか5種類くらい)

読んでいる皆さんは、食材を一つずつ見ているので食えそうに思えるかもしれませんが、実際にこいつらを一つの鍋に入れて煮込んでしまったら、真の地獄絵図です。まず何より、

臭いがすっぱい!

すっぱいものは入っていないはずなのに、臭いがすっぱいよ! いったい何の化学反応が起きてしまったのか、すっぱさと、しょっぱさと、甘さが混在するという、料理にあるまじき異臭が発生してしまいました。「ゲロ以下の臭いがプンプンするぜ!」という表現が誇張なしに当てはまる状況に、生きている内に遭遇しようとは。しかも。

「はい。これ、○○さんの分です」

く、食わせるのか! こいつら、OBにも容赦なしにこのゲロを食わせるというのかッ! 見ためもニオイも正真正銘、ゲロ以下のこの汚物をッ! しかも、納豆が3パックも入ったせいか、箸で持ち上げるとねばっこく糸を引くじゃないですか。無理無理無理無理。

と、あまり書きすぎると、現役社員さんがネタにする余地がなくなってしまうので、ここではぼくの結論だけ書いておきましょう。「目を閉じて、鼻をつまんで口に入れたら、盛られた量の半分くらいは処理できました」。以上。続きは『恒河沙』最新号でご覧ください。

おまけ。

現在、mixiの「東京大学」コミュニティでは、

  劇団綺畸2006年度冬公演『戦場のボーイズラ

というイベントが告知されています。最後の文字の切れ方が気になる方は、リンク先をのぞいてみてください。期待に胸を膨らませながらクリックすると……。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »