« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006.06.11

オレは東京都民じゃねえ!

先日の日記に、誤解を招く表現があったようです。

「正式な配属が決まりまして、東京に戻ることになりました」

この記述は正確ではありません。訂正いたしますと、勤務地は東京ですが、住所は横浜になります。どうしてこんな配置をされたかというと。

「東京の寮はぜんぶ埋まってて、一番近いところでも横浜の寮しか空いてないんだ。悪いけどそこで我慢して」(by総務の偉い人)

「我慢して」の一言で済ませてしまうところに、総務部の権力の強さを実感せずにはいられません。左遷された社員に人権はないんですかそうですか。かといって、逆らったら横浜ごときでは済まず、茨城の寮とかにブチ込まれそうだったので、その場は聞き分けのいい社員を演じてやりすごしました。人はこうして社畜になっていくのですね……。

そんなわけで、まだ当分は神奈川県民です。神奈川在住のみなさま、今後ともよろしくお願いします。

補足:
えーと、これも誤解されるといけないのでフォローしておきますと、うちの総務の方々はみんないい人ですよ。ぼくが何かの用で総務部に行くと、嫌な顔ひとつせず仕事を中断して、丁寧に対応してくださるので、いつも感謝しております。今回の寮の件も、くわしく話を聞くと、四方八方に手を尽くして一番近い横浜にねじ込んでくださったみたいなので、本当に頭が下がります。ネタっぽく書いてごめんなさい。でも、総務の権力が強いのはガチ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.06.09

窓際族へ、まっしぐら!

今日、正式な配属が決まりまして、東京に戻ることになりました。神奈川に来た2ヶ月後に東京に突き返されるなんて、俗に言う「たらい回し」というヤツでしょうか。どう見ても左遷です。本当にありがとうございました。

以下、ここをご覧になっている同期のみなさまへ。

そんなわけで、大方の予想どおり飛ばされたわけですが、正直に申し上げると、精神的に少し沈んでおります。

こちらに来てから2ヶ月間、同期のみなさまとは朝から晩まで、文字どおり同じ釜のメシを食いながら、研修を受けて、工場で働いて、たまにオタク趣味を暴露されながらも、イイ感じのクサレ縁になれた気がします。そこからムリヤリ引き剥がされ、遠く離れた勤務地にドナドナのように連れていかれて、さらに同期のいない寮にぶち込まれて、

「さあ、白紙にしてあげたからもう一度、人間関係をつくってね、がんばってね」

という状況にぶち込まれるのは、なかなかキビしいものです。とりわけ、ぼくみたいなヒキコモリにとって、人間関係の構築というのは大仕事です。年に何度もやりたくはありません。せめて神奈川に残れていたら、この負担は減っただろうに、と、ため息を30回くらいつきながらこの日記を書いています。

ただ、今日飲んだ部長さんの話だと、「うちは技術系との打ち合わせが多いから、神奈川にしょっちゅう来ることになる」らしいので、少しだけ安心できました。「来すぎてウゼーよ」と思われるくらい神奈川には帰ってきたいので、ぼくを見かけたらどうか、かまってやってください。お願いします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »