« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006.04.26

日立って何? おいしいの?

あー。念のため申し上げておきますと、近ごろ更新が少ないのは、忙しいからではなく、むしろ、ヒマすぎて書くことがないからです。まだ研修中ということもあり、毎日17時すぎには帰ってます。そのあと何をしているかというと、寮住まいなので、同期の部屋に集まってプロジェクトXの上映会をやったり、KOFやギルギアで対戦したり、酒を持ち寄って飲んだりしているわけですね。同期マンセーヽ(´ー`)ノ

ともあれ。タイトルの件ですが、MyNewsJapanにやっと日立の内部事情が載ったようです。日立に就職を考えている方や、日立の同期のみなさまには、なかなか参考になるのではないかと思いますので、どうぞ。

・日立製作所 工場長がエラい会社(仕事)

・日立製作所 まずは謝る日立、「契約にない」外資(対価/生活)

ざっくり要約すると、日立は「お役所的」「年功序列」「動きがのろい」といった、いかにも日本的な大企業として書かれています。悪い会社ではないみたいですが、良い会社と断言するのもためらわれますし、数値的にも5点満点で3.6点という、なんとも微妙な評価です。ったく。一番コメントしづらい点数をつけやがって。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.04.23

新入社員のダメダメな休日

数日前、義兄弟のかっつさんから「日曜に開かれるサンシャイン・クリエイション(同人誌の即売会)で、とある本を買ってきてくれ」という指令を受けたのはいいものの、その翌日、恋人からも「日曜にデートしませんか」という誘いを受けてしまい、さぁ困った、親友と恋人のどちらを選べばいいんだ、と2秒ほど悩んでいると、ぼくの脳内にオタクの神様が降臨し、

「同人誌の即売会でデートすればいいじゃん」

と、天才的なアウフヘーベンを成し遂げることに成功、しかるのちに本日、池袋のワールド・インポート・マートに突撃したところ、一切の打ち合わせなし、ヤラセなしにもかかわらず時代錯誤社の後輩(よりによって前の編集長と今の編集長)と出くわしてしまい、ちくしょう、腐ってる、相変わらずこのサークルはいい意味でとことん腐ってやがる、と、しばらく同病相憐れむような感慨に浸ってから、気まずい雰囲気のまま彼らと別れ、最後に、3時間も立ちっぱなしで歩き回らせてしまった恋人に土下座して地べたに頭をこすりつけて謝ったところで、ぼくの日曜は終わりました。

読み返してみると本当にクズですね、この日記を書いた野郎は。救いようがない。

なお、おすすめ師匠が回してくださったバトンは、最大限の敬意をもってスルーさせていただきます。理由は「どう見てもネタにしにくいから」です。本当にありがとうございました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.04.06

先生、ぼく本当に社会人ですか?

いまだに社会人になった気がしません。4月3日には入社式を終え、ここ3日間は新入社員研修というものを受けているのですが、社会人になったという実感はゼロです。どうしたもんでしょうか。

後学のために記しておきますと、ぼくは今、新宿のホテルに泊まりながら、六本木ヒルズに通って研修を受けています。が、あまりに息苦しいので、昨日は意気投合した同期と秋葉原に繰り出し、メイド喫茶をハシゴしてきました。ついでに「妹喫茶」というニュータイプのカフェにも行ってきました。やはり、ぼくには六本木ヒルズより秋葉原のほうが合っているようです。お父さん、お母さん、あとは会社の人事さんとか、ぼくに期待してくださっているいろんな皆さま、本当にごめんなさい。こいつは立派なクズに育ってます。

ちなみに研修の中身は、まず、社長、副社長といった経営幹部の方々のありがたいお話を拝聴し(ぼくは最前列にいながら半分くらい寝ていましたが)、続いて日立の事業内容や、社員の教育制度についての説明を受け、さらに、何人かに分かれてグループワークに取り組んで、互いの親睦を深める、という流れになっていました。経営幹部や先輩社員と話せる時間も多いので、社員としての意識を高めるには、なかなか効果的ではないかと思います。つまり、ぼくも見事に人事部の術中にハマっているわけですね。ちくしょう。

そんなこんなで、いろいろありましたけど、ぼくは元気です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »